現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • NEW
商品コード:
4988715008497

村祀り桃色紀行 おのごろ村の淫祀り2

定価(税込):
2,160
通販特価(税込):
1,800
関連カテゴリ:
F&C商品
低価格コーナー(税抜3,000円以下)
RED-ZONEより『村モノ』シリーズ第三弾登場!!
さあ、儀式という名の性行為に明け暮れろ!! SEX強要!! 子作り強要!! 中出し強要!!    出来なければ殺される。ヤラなきゃやられる!!なら犯そう。儀式という名の性行為!?
自然の中、衆人環視の中、時に忌まわしい道具を使い子種を注ぐ!! フェラチオ、手コキ、倫姦、拘束、時には責められ、 時にはアヘ顔によがらせる。はたまた村人にだらしない顔を見せつける。なんでもありのサバ淫バル!! 生きぬきたいならヤリまくれ!! DEAD or SEX!!!

『淫祀り』は世代を超えて再び行われる。男女の『サバ淫バル』は終わらない

『大事なものだから誰にも渡してはダメよ』暗闇の中で、郷愁を思わせる声が聞えたと同時に、主人公の安斎蓮は目覚める。その足には鎖が繋がれ、その先には塩谷果菜と言う同年代の少女が居た。そして周囲には自分達と同じような男女が数人おり、どこともつかぬ場所に混乱していた。その中の一組が逃げ出そうとすると、蓮は『逃げると殺されるぞ』と叫ぶ。周囲が驚くなか、自身もどうしてそんなことを言ったのか不思議がっていると、奇妙な仮面を付けた男達が現れ、一人の老人がこれから『儀式』という性行為を強要してくる。バカバカしいと再び先程の一組が逃げ出そうとすると、仮面の男達は彼等を容赦なく殺す。期せず蓮の言う通りになったことで、攫われてきた連中からも猜疑の目を向けられるが、蓮と繋がっていた少女―塩谷果菜―は、蓮の言葉で救われたと彼の言葉を肯定し、彼の力になろうとする。そうして果菜は『儀式』という形で、身体を差し出し、蓮もまたその身体を貪る。やがて2人は村での生活のなかで、自分達と村の関係に気付き始め……

OS Windows Vista/7/8/8.1
必要解像度 1280×720
CPU 必須 Pentium4 1.5GHz以上
推奨 Pentium4 2GHz以上
メモリ 1024MB必須/2048MB以上推奨
メディア DVD-ROM
音源 DirectSound対応のサウンド機能
DirectX 9.0c以降